何でこんなのいるの?鍼灸レセプト提出時に必要な総括表・往療内訳表の書き方

総括表 書き方 レセプト請求
ツボ男
ツボ男

みなさんこんにちは!現在個人で訪問鍼灸院を開いているツボ男です

私は現在出張届のみ提出し自宅を事業所にして個人で訪問鍼灸院を開いています

そんな個人の私にとってレセコンは毎月5000円近く取られるのでもったいない!

ため手書きでレセプトを書いています

以前は鍼灸療養費支給申請書(鍼灸レセプト)の書き方についてでしたが

提出先が後期高齢者や往診を行っているなどの場合はレセプトと一緒に

総括表往療内訳表というやつを一緒に提出しなければなりません

ツボ男
ツボ男

私の友人の先生で往療内訳表の提出を知らず思いっきり返礼がきて悩んでいた方がいました

正直この2つに関してはめっちゃ簡単ですので書き方だけさらっとお伝えします

用紙のダウンロードは厚生労働省のホームページから

まずそもそも用紙のダウンロードはどこでしたらいいのかというと

厚生労働省のホームページからワード形式でダウンロードできるようになっています

療養費の改定等について|厚生労働省
療養費の改定等についてについて紹介しています。
サイトの下の方に書類がダウンロードできるようになっています

今回はこの中にある往療内訳表・療養費支給申請総括表のⅠとⅡについて解説します

総括表

まずは総括表なのですがこれはどの保険者さんにいくら請求したいかというのを書く用紙になっています

この総括表ですが全国健康保険協会(協会けんぽ)さんに送る場合は必要ありません

協会けんぽに送る場合は保険者さんが協会けんぽに決まっているのでわざわざ記入しなくても良いということだと思います

ツボ男
ツボ男

こんなやつです

総括表 書き方
総括表Ⅰ
総括表Ⅱ

総括表Ⅰ

ツボ男
ツボ男

そんなに難しくないのでいきなり記入例いきます!

療養費支給総括表 
内容はシンプル

私の場合大阪府で登録しているのでこのような記入例になっています

ご自身が送る保険者さん毎に金額を計算して記入してください

ぶっちゃけ、ただそれだけです

総括表Ⅱ

総括表Ⅱは各保険者さん毎に1枚ずつ必要になります

こちらも保険者さん毎に金額を計算して記入するのみとなっています

ツボ男
ツボ男

総括表、以上で終わりです!カンタン!

往療内訳表

往療内訳表

往療内訳表は往診料を請求している場合に必ず必要になる書類です

以前は送らなくてもよかったため知らずに返礼を食らうパターンが増えているようですので気を付けてください

書き方は特に難しいことはありません

往療内訳表 書き方

私はいつもこんな感じでやっておりますが今まで特に突っ込まれたことはありません

日付とご夫婦共に施術している場合など往療料が請求できない日だけ注意して記入すれば特に問題はないと思います

まとめ

今回は特別記事にするほどの内容でもないくらい簡単なのですが初めての請求の時などはすべてにおいて不安になると思います

私も今となってはこんな簡単な総括表などでさえこれでいいのか?と不安になりながら提出していました

請求で分からないことがあれば保険者さんにお電話するのも良いと思います

きちんと請求しようとしてくれる先生にはとっても優しく丁寧に対応してくださいますよ

今回の記事が以前の鍼灸療養費支給申請書の記事と合わせてご参考になればうれしいです

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました