[鍼灸師直伝]咬筋を緩めるツボはここだ!

カラダのこと・ツボ
ツボ男
ツボ男

こんにちは!鍼灸師8年目のツボ男です

早速ですが皆さん咬筋という筋肉をご存じですか?

嫁
嫁(看護師)

咬筋?知らんわ。そもそもなんて読むん?

ツボ男
ツボ男

これは咬筋(こうきん)って読むんやで。咀嚼筋(そしゃくきん)っていって噛むときに使う筋肉やねん

私は現在訪問鍼灸師としてご自宅にお伺いして施術を行っているのですが

ここ最近咬筋がかなり硬くなっている方が多いことに気が付きました

咬筋はサイズも小さく一見地味な筋肉ですがとても大きな役割を果たしています

今回はこの咬筋を緩めるツボのお話です

咬筋の場所

青い部分が咬筋です

咬筋は顔の中、いわゆる「ほっぺた」の部分にあたる筋肉になります

上顎と下顎を繋ぐように存在しているため動かすと「噛む」動きになります

噛むことは身体に様々な影響を与えるため咬筋の存在はとても重要です

咬筋が硬くなると起こりやすい症状

咬筋自体は顎にある筋肉なのですが顔まわりにある筋肉は頭や首肩の筋肉と連動して動いており

咬筋が硬くなると

頭痛 耳鳴り
肩こり 首のこり
顎関節症 嚥下不良

といった主に上半身や顔まわりの症状が起こりやすくなってしまいます

ツボ男
ツボ男

肩から上の症状が色々やってるけど中々改善されない!

という方は一度咬筋を疑ってみてください

特に顎関節症はもろに咬筋の影響を受けるのでほぐしてあげると顎を動かすのが楽になります

先日テレビで咬筋について小顔効果があると取り上げられていました

咬筋が緩むと顔まわりがシュッとするので美容目的でもおススメの筋肉です

嫁

それはやらねば。はよツボを教えてくれ

咬筋を緩めるツボ

ツボ男
ツボ男

お待たせしました。

咬筋を緩めるツボは頬車(きょうしゃ)というツボがおススメ!

頬車の場所は一言でいうと

歯をぐっと噛みしめたときにほっぺたが硬くなるところ

美容鍼や小顔マッサージでもよく用いられるツボになります

咬筋を緩めたい場合はこの頬車を使いましょう!

咬筋はマッサージがおススメ

私たち鍼灸師はこの頬車にお灸や鍼を打ったりするのですがセルフケアとしては

マッサージがおススメです

セルフで行うものでも十分柔らかくすることができます

ポイントは力を出来るだけ抜いて優しく行うことです

咬筋のマッサージ

先ほどの頬車の位置

(歯を食いしばったときにほっぺたが硬くなるところ)に指を3本置きます

そこからゆっくり優しく痛気持ちいい程度の圧を掛けながら時計回りに円を描いていきましょう

指に意識を置くとゴリゴリと固まった筋肉が感じ取れると思います

デリケートな筋肉のため強く抑えすぎると逆に筋肉が固まってしまいますので

とにかくゆっくり優しくを意識して3-5分ほどかけてほぐしてあげましょう

お風呂の中やお風呂上りに行うとさらに緩みやすくなりますよ

ツボ男
ツボ男

終わった後は顎が動かしやすくなったりします

ご高齢で嚥下(飲み込む力)が弱っている方にもおススメ

顎が動かしやすくなるため咀嚼と嚥下がしやすくなります

咬筋が硬くなる原因

咬筋が硬くなる原因は様々なのですが主な原因としては噛みしめグセがあります

歯ぎしり

寝ているときに出る噛みしめグセが歯ぎしり

寝ているので意識しようがないのですがストレスなどが溜まると出やすいと言われています

寝ている間の噛みしめる力は起きているときの6倍ほどともいわれており

(嚙む力は起きている時は40-70kg,歯ぎしり時は約300kgとも)

咬筋に相当の負荷がかかる原因とされています

噛みしめる癖

起きている時でも無意識のうちに歯をぐっと噛んでしまう噛みしめグセを持っている方は多いと思います

ツボ男
ツボ男

私もその一人です

対処法としては気を付けるより他ないのですが

私の場合噛みしめる代わりに口を大きく開けてストレッチするように動かすなど少し工夫するようにしています

どうしても無理なら歯医者さんも

今回ご紹介させていただいた咬筋のセルフマッサージですがやはり限界があります

ほぐしてもらいに鍼灸院などへ行くのも良いのですが

どうしてもコリがほぐれないという方は歯医者さんで咬筋の治療ができます

歯医者さんで行える治療は主に2つ

マウスピース治療

いくら咬筋をマッサージでほぐしたところで硬くなる原因が無くならない限り永遠に

硬いままです

マウスピース治療は原因が寝ているときの歯ぎしりにある方に効果的

患者様に合った形のマウスピースを就寝時にはめることで噛みしめ時の負担を減らすことができます

ツボ男
ツボ男

寝ているときに歯ぎしりしてるでと言われたことがある方におススメです

ボツリヌス療法

こちらは自費治療になるので行っている歯医者さんはまだ少ないようですがボツリヌス療法という

治療法もあります

ボツリヌス菌という菌が出すたんぱく質には筋肉を緩める作用があり

それを注射することで硬さをほぐすというもの

美容目的で使用している方もいて最近流行りの治療法です

料金は自費治療なのでクリニックによりますが1回1万円前後のところが多いようです

(一回で3‐6か月ほど効果が持続するとのこと)

長年のコリでお悩みの方は一度歯医者さんへのご相談もおススメです

まとめ

今回お伝えした咬筋ですが顎関節症など様々な悩みの原因となっていることがあります

悩んでいるけどどこに行ったらいいか分からないという方

まずはセルフケアから始めてみて変わらなければ歯医者という選択もできますので

少しでもご参考にしていただければ嬉しいです

最後までご覧いただきありがとうございました

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました