[鍼灸師直伝]どうしても治したい逆子のお灸で使うツボ

逆子のお灸 ライフスタイル

逆子にお灸が効果的って知っていますか?

もちろん100%治るわけではありませんが私も整骨院に勤務していたころは70%近くの患者様がお灸で逆子が治っていました

その当時の逆子治療は1回4000円

嫁

4000円は高いわ。自分でできるやり方教えてくれ

ツボ男
ツボ男

わかりました!!そして正直誰でもできる!

ということで今回は逆子治療でプロが使うツボ、治療内容を公開します

逆子のお灸で使うツボ

逆子のお灸で使うツボは2種類です

実は何故お灸で逆子が治るのかはよくわかっていません

ですので大体の場所さえ合っていればそこまで細かい位置は気にしなくても大丈夫です

ツボ男
ツボ男

個人的には赤ちゃんは暖かいほうに頭を向けるそうで

お灸をして下半身を温めることで逆子が改善するのかなと考えています

至陰

まずはking of 逆子のツボ至陰(しいん)です

場所は足の小指の外側

ここは逆子のためにあるツボと言っても過言ではありません

三陰交

続いて三陰交(さんいんこう)

三陰交は女性の為のツボともいわれるほどホルモンバランスなどを整えてくれる効果があるとされています

場所は内くるぶしから指3本分上のところ

この辺りで押して痛気持ちいいところがあればそこにお灸をしましょう

ツボ男
ツボ男

この2つのツボ左右合わせて4か所にお灸をします

使うお灸

お灸はせんねん灸を使いましょう

せんねん灸はドラッグストアや最近ではダイソーでも似たようなものが売っていますので

ダイソーで売っているお灸

近くのお店を見てみるといいと思います

熱さはレギュラーとか普通と書いてあるやつがおススメです!

1日1回を目安にせんねん灸を先ほどのツボに据えましょう

さらに効果を上げたい場合

さらに逆子のお灸の効果を上げたい場合は棒灸というアイテムを使います

ただし、1人では出来ないのでパートナーの方が必要です

嫁

棒灸って何?

これが棒灸です

あまりなじみがないと思いますが鍼灸院でも同じものを使用しています

棒灸の使い方

妊婦さんには横向きに寝ていただいて(横向きで寝るときは赤ちゃんの顔が下を向くようにします)

棒灸に火をつけて腰を温めます

ツボ男
ツボ男

この時棒灸を円を描くように、右回しで温めると効果的と言われています!

こんな感じ

腰の色がほんのりピンク色に代わるまで温めます

(時間はかなり個人差あります。最大15分までにしましょう)

妊婦さんは腰痛持ちの方が多いので腰痛対策にもなりますよ!

こちらも1日1回をめどに旦那さんなどパートナーの方に温めてもらうといいです

本当に大事なのは逆子を治すこと?

私が整骨院で逆子治療を行っていた時の治療法は上記に乗せた通りです

はっきり言ってそんなに大したことはしていません

それでも33週の逆子の方や双子の逆子が治ったり

改善率が高かったのは2つのポイントを意識していたからだと思っています

逆子は赤ちゃんが寂しがっているサイン

ヨーロッパでは逆子になるのはお腹の中の赤ちゃんが寂しがっているサインだという

考え方があります

私は必ず妊婦さんに「赤ちゃんにどんどん話しかけてあげてください」というアドバイスを

行っていました

例えば「今日いい天気だね」「今からスーパーに買い物に行くよ」などの実況中継です

お母さんの声は骨伝導と言って骨を通じて確実に赤ちゃんに届いているそうです

(残念ながらお父さんの声は届いているかわかっていません)

話しかけることでお腹の中の赤ちゃんの寂しさもまぎれるのではと思っています

1番大事なのは妊婦さんのリラックス

そしてもう一つ患者様に元も子もないことをよく伝えていました

逆子でもいいじゃないですか」

嫁

産むのお前ちゃうやろ!偉そうなこと言うな!

そう怒られるかもしれませんが、それぐらい逆子の妊婦のみな様から「焦り」を感じていました

そらそうですよね。

逆子が治らないまま時間が過ぎていき、お医者様からは帝王切開の話が出る

焦りや不安が出てきて当然だと思います

ですがお母さんの感情は不思議と赤ちゃんに伝わります

患者様といろいろな話をさせていただいた中で「逆子でもえっか。無事に生まれてくれたら」

そうおっしゃった方は不思議と逆子が治ったりします

一番大事なのは妊婦さんのリラックスだと思っています

まとめ

逆子で悩んでいる方は年々増えているように感じます

それはもしかしたら赤ちゃんからの何かしらのサインかもしれません

逆子のお灸をきっかけに妊婦さん自身がリラックスして

出産に向けてより良い状態で臨めるようになっていただけたら嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました